相続税に詳しい税理士に相続相談する

握手税理士もそれぞれで得意とする分野が違い、法人税、消費税、所得税、相続税と、4つに分野が分かれています。その中でも相続税の申告は年間5万件ほどしかなく、税理士への相談件数として一番少ないです。ほとんどの税理士は企業向け法人税を専門としているために、相続税を扱ったことのない税理士もいます。そのために、相続税に関して税理士に相続相談するなら、得意とする方に相談すべきです。

相続税の扱いを適切に行える税理士であれば、申告時に非課税措置の適用範囲を広くして、納税額を少なくできます。これが法人税を専門とするような税理士に相談すると、適当に相続税の申告を行い、余計に多く納税することになります。相続税を得意とする税理士ならば、節税のノウハウも豊富に持っており、相談者の相談にも的確に答えてくれます。

相続税申告では、数十もの特例、複雑な土地に関する評価、財産評価など、いくつもの専門的なノウハウを必要とします。土地を1つ評価するにしても、税理士により数千万から数億も差が生まれるケースもあります。ノウハウがあり、申告も経験豊富に行ったことのある税理士であれば、手続きもスムーズに進みます。効率的に行えば、それだけコストも抑えることができ、税理士へ支払う報酬も少なくできます。またスムーズに申告を行えれば、申告期限を過ぎてしまう心配もなく、依頼者にとってもスムーズに事が進むので、いつまでたっても進展が無くイライラするようなことも避けられます。