万が一にも対応してくれる

税理士に相続相談を行うと、そのノウハウによって、スムーズに申告をしてくれます。ただそれだけではなく、リスクも減らすことができます。

相談下手に申告を行うと、申告漏れが発生し、税務署から調査が入ることもあります。税金の中でももっともリスクが高いのが相続税であり、申告漏れによる追徴課税の額が多いです。どうしても、相続額が高くなるケースが多いので、追徴課税の額も高くなりやすいです。そのために適切に申告できる税理士に相談すれば、追徴課税のリスクを減らせます。また申告漏れがあれば、不足分の税金と、延滞税などを支払わないとなりません。適切に申告することによって、このような余計に発生する税金を、なくすことができます。

税理士への相談は、二次相続を見据えて申告してもらうことも可能です。両親のどちらかが亡くなり発生する一時相続、さらにもう片方の親が亡くなり発生する二次相続があります。多くの方は今発生した相続税のみに注目しますが、実は二次相続対策も重要です。二次相続を考慮せずに相続を行うと、二次相続が発生したときに、高額な税金がかかります。税理士であれば、そのような将来的にトラブルになりそうなことも考慮し、相続税の申告を行ってくれます。