4月 2018

税理士への報酬

Posted on 2018-04-11

お金税理士へ相続相談を行うと、もちろん報酬が発生し、依頼者は支払わないとなりません。その額は、遺産総額によって変化し、数円円から数億円まで段階的に変化します。また相続人が多い場合や、財産の数が多くなる場合も、状況により報酬は変化し、増えることが多いです。

成功報酬型の税理士もいますが、納税額により報酬額は変わります。最初から一律いくらと決まっている報酬と成功報酬では、どちらが依頼者にとって安く済むかは、ケースバイケースなので、総額費用を考えて、依頼する税理士を選ぶと良いです。

そして相続税の扱いが得意な税理士は、適正に相続税を評価できます。これには試算方法や評価方法を適切に行えるかにより違い、少なくとも、相続税を扱ったことのある税理士が良いでしょう。やはり依頼するとなると、明確に見積もりを出してもらうべきです。見積もりを出さないようなところには、依頼すべきではありません。依頼者が、相続専門の税理士であるかどうか、見極めて判断する必要はあります。相続相談の無料相談会を実施している税理士事務所などもありますので活用してみると良いでしょう。相続専門の税理士は少ないので、少ない中から探すことになります。

万が一にも対応してくれる

Posted on 2018-04-02

税理士に相続相談を行うと、そのノウハウによって、スムーズに申告をしてくれます。ただそれだけではなく、リスクも減らすことができます。

相談下手に申告を行うと、申告漏れが発生し、税務署から調査が入ることもあります。税金の中でももっともリスクが高いのが相続税であり、申告漏れによる追徴課税の額が多いです。どうしても、相続額が高くなるケースが多いので、追徴課税の額も高くなりやすいです。そのために適切に申告できる税理士に相談すれば、追徴課税のリスクを減らせます。また申告漏れがあれば、不足分の税金と、延滞税などを支払わないとなりません。適切に申告することによって、このような余計に発生する税金を、なくすことができます。

税理士への相談は、二次相続を見据えて申告してもらうことも可能です。両親のどちらかが亡くなり発生する一時相続、さらにもう片方の親が亡くなり発生する二次相続があります。多くの方は今発生した相続税のみに注目しますが、実は二次相続対策も重要です。二次相続を考慮せずに相続を行うと、二次相続が発生したときに、高額な税金がかかります。税理士であれば、そのような将来的にトラブルになりそうなことも考慮し、相続税の申告を行ってくれます。

相続税に詳しい税理士に相続相談する

Posted on 2018-04-01

握手税理士もそれぞれで得意とする分野が違い、法人税、消費税、所得税、相続税と、4つに分野が分かれています。その中でも相続税の申告は年間5万件ほどしかなく、税理士への相談件数として一番少ないです。ほとんどの税理士は企業向け法人税を専門としているために、相続税を扱ったことのない税理士もいます。そのために、相続税に関して税理士に相続相談するなら、得意とする方に相談すべきです。

相続税の扱いを適切に行える税理士であれば、申告時に非課税措置の適用範囲を広くして、納税額を少なくできます。これが法人税を専門とするような税理士に相談すると、適当に相続税の申告を行い、余計に多く納税することになります。相続税を得意とする税理士ならば、節税のノウハウも豊富に持っており、相談者の相談にも的確に答えてくれます。

相続税申告では、数十もの特例、複雑な土地に関する評価、財産評価など、いくつもの専門的なノウハウを必要とします。土地を1つ評価するにしても、税理士により数千万から数億も差が生まれるケースもあります。ノウハウがあり、申告も経験豊富に行ったことのある税理士であれば、手続きもスムーズに進みます。効率的に行えば、それだけコストも抑えることができ、税理士へ支払う報酬も少なくできます。またスムーズに申告を行えれば、申告期限を過ぎてしまう心配もなく、依頼者にとってもスムーズに事が進むので、いつまでたっても進展が無くイライラするようなことも避けられます。